プロフィール

山本ともひろ

1975年6月京都市左京区に生まれる
1988年3月京都市立明徳小学校 卒業
1991年3月京都市立洛北中学校 卒業
1994年3月京都府立北稜高校 卒業
1998年3月関西大学 商学部商学科 卒業
2000年3月京都大学大学院 法学研究科 修了
京大では村松岐夫教授に薫陶を受ける
2000年4月(財)松下政経塾 入塾 (21期)
2001年7月米ジョージタウン大学 客員研究員
米国では、アーミテイジ・アソシエイツ上級顧問
ロビン・サコダ(元米国国防省日本部長)に師事
2003年3月(財)松下政経塾 卒塾
地元京都に戻り政治活動を開始
2003年8月〜9月在ハワイ、EAST-WEST CENTERから招聘を受け13th New Generation Seminarに参加
同年9月在マレーシア、Institute of Strategic and International Studies (ISIS)から招聘を受ける
その後、地元京都で会社員などを経て
2005年4月公募制度で最高得点を獲得、京都府第2選挙区支部長に就任
2005年9月第44回衆議院議員総選挙(近畿ブロック)において初当選
衆議院財務金融委員、環境委員、総務委員、文部科学委員、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員など歴任
2009年8月第45回衆議院総選挙 惜敗
2011年1月神奈川県第4選挙区支部長に就任
2012年12月第46回衆議院総選挙(南関東ブロック)において2期目当選
2013年1月衆議院文部科学委員会理事、青少年問題に関する特別委員会理事、憲法審査会委員に就任
2014年9月文部科学大臣政務官 兼 復興大臣政務官 に就任
2014年12月第47回衆議院総選挙(南関東ブロック)において3期目当選
2015年6月内閣府大臣政務官(オリンピック・パラリンピック担当)就任
2016年1月文部科学委員会理事、科学技術・イノベーション推進特別委員会理事
2016年9月環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会委員
2017年8月防衛副大臣 兼 内閣府副大臣 就任
2017年10月第48回衆議院総選挙(南関東ブロック)において4期目当選
2017年10月防衛副大臣 兼 内閣府副大臣 留任
2018年10月国防部会長
安全保障委員会理事
科学技術・イノベーション推進特別委員会理事
2018年11月安全保障調査会事務局長
治安・テロ対策調査会副会長
宇宙総合戦略小委員会
2018年12月2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実行本部幹事
外国人労働力受入れに関する合同会議委員

趣味 ボーイスカウト